Willi Boskovsky 1909.6.16-1991.4.21
オーストリア
ボスコフスキーは、ウィーンの純美な音楽伝統の化身ともいうべき、まさに“ウィーン気質”の音楽家であった。ウィーンに生まれ、ウィーン音楽アカデミーに学び、1932年にウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団、翌年からウィーン・フィルのメンバーとなり、1939年から1970年までコンサートマスターを務める傍ら、ボスコフスキー四重奏団(ウィーン八重奏団に発展)、ウィーン・フィル四重奏団を組織して室内楽演奏に勤しみ、母校で後進の指導にも当たった。1969年にウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団の指揮者に就任、さらにウィーン・モーツァルト合奏団やボスコフスキー合奏団を指揮して活躍した。ボスコフスキーの存在を忘れがたくさせているのは、何よりも1955年から1979年までウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートを弾き振りした時の、これぞウィンナ・ワルツの神髄ともいうべき優雅で爽快な名演によってである。1975年と1979年のライヴ録音盤を含む「ウィンナ・ワルツ大全集」(1957〜79年)と、ウィーン・モーツァルト合奏団を指揮したモーツァルトのセレナード&ディヴェルティメント全集(1967〜1978年、LONDON)は、ともに永遠の遺産といえる。

read more

Kevin Puts - To Touch the Sky, IF I Were a Swan, Symphony No.4 "From Mission San Juan"

これから伸びるか未知数の作曲家。無伴奏合唱曲とシンフォニーの取り合わせで、初めて聞く作曲家の吟味にどうぞという趣向か。ハルモニア・ムンディのアメリカの仕事。シンフォニーはネイティヴ・アメリカンの歌を素材にしている。先達のドヴォルザークの新世界と聴き比べるのは面白い。

結果、4.2.1-Ja へ一足飛びに更新。一足早く 4.2 で更新したサイトでは Jetpack の設定でエラーに成ったりしてプラグインの足並みが揃わない状態でしたが、もう今は安定しているようだ。期せずしてサーバーがハードディスク交換のメンテナンスを行うのに重なったので、短時間で更新は避けているからまだ、更新に対応したのは主要サイトだけだが、この分ではこれまでのようなトラブルはなさそうだ。

調度今年のブログ更新1,000回目。節電ムードになってから更新ペースが落ちています。いや、パソコンを節電しているわけでもなく部屋の灯りを極力控えています。新しいiMac(もうじき新モデルが出るので前モデルと言うべきか)は、以前のモデルほどに観疲れしないので助かっています。お昼寝の時間も増えてしまっているし、暗いと1つ事には集中できるけれども何となくインプットされてくる情報量が少なくなった様な思いです。

read more

葉桜越しの宵月

Posted by Nami Kizaka | Blog

阿蘇山の噴火と聞いて、多くの人が関心を向けてしまったほど近頃自然災害に過敏になっていませんか。被災地支援には過剰と思える行動をしている熊本だけど、阿蘇の活動には冷静すぎるのかも知れません。『2年ぶりの噴火』に久し振りだな、と言う程度かも知れません。『降灰の確認』は少し軽快してもいいかもしれないと思えます。灯台もと暗しにならないと良いのだけれど。大きなカルデラの底にある熊本ですから、噴火が誘発されれば一蓮托生と言った覚悟もあるようだけど、熊本人気質、火の国の女の性格は、そうした覚悟が根底にあるからかも知れません。

read more

Blogger Buzz: Blogger is back に謝罪がしっかり掲載されていますが、メンテナンスは新たな傷口を残すことになったようです。定期的なメンテナンスは水曜日の夜の間に行われているようですが、日本では午後に更新をしていたユーザーもあることでしょう。
メンテナンスの際にデータの破損を発見。これを復旧させようとしたことが20時間に及ぶ、ログインが出来ない大事に発展した模様。Bloggerは一端、メンテナンス以前のバックアップにロールバックをしたので5月13日に投稿できた記事は現在表示されていません。

read more

夏がそこまで来ています。空気に湿り気を感じました。暖かい陽射しの中でも、上品さを感じます。熊本でこの心地よさを楽しめるのはほんのひととき、桜の木々は総て葉桜になってしまったけれども南からの風はめぐみの季節の訪れを告げています。

桜の花の季節が終わったら、おヘソを狙って奴が来る。今夜にでも雷神と龍神が、再会の杯を交わすのでしょう。

葉桜になってしまわないうちにと撮影しながら出かけてきました。目的の方向だけに見えてくる桜、桜を撮っていてふと振り仰いだら青い空に半月。しかも桜との位置感も良かったので何枚も撮りました。感覚通りに、程良い間隔で桜と月がフレームイン。月にピントが合っていない写真もありましたけれども、遠景で撮した中にぴったり月にフィックスして桜がぼけた1枚がありました。今日のベスト・ショット。

read more